起業・開業なら会社設立サポーターズ

「会社設立代行」と「売上を増やす仕組みの作り方が良く分かるマーケティング支援」で大好評 他を圧倒する1500以上のコラム数と15年以上の実績が信頼の証

許認可申請の必要性

会社設立時に必要となる許認可の種類

投稿日:

あなたがこれから始めるビジネスは、

許認可が必要か否かを確認しているでしょうか

もし許認可の必要性の有無を知らずに仕事を始めてしまうと、

無認可」「無届出」「無許可」のいずれかに該当し、

営業停止や罰金という厳しい処分を受けることになり、

せっかくビジネスをスタートしたのに

すぐに廃業に追い込まれてしまうことさえあるのです。

許認可の種類と相談

そのような事態を避けるために、

自分が始める業種に許認可が必要であるかを確認しておきましょう。

会社設立サポーターズ」でも許認可の申請サービスを行なっていますが、

その代表的な許認可だけでも、以下のようにさまざまです。

  • 不動産業:宅地建物取引業の免許、5年毎に免許更新
  • 建設業:5年毎に許可更新
  • 一般労働者派遣業:1,000万円以上の資産要件がある
  • 有料職業紹介業:厚生労働大臣の職業紹介事業の許可
  • 介護事業:サービス内容により許可、指定、要件がある
  • 飲食業:知事の飲食店営業の許可
  • 酒類販売(小売):酒類販売業の免許
  • 古物商:都道府県公安委員会の古物営業許可

これらはごく一部の許認可に関する情報ですが、

他にもいろいろな種類の許認可があるので、

許認可に関してわからないことがあれば、

会社設立サポーターズの行政書士に、

相談ページ」からお問合せください。

許認可と定款の内容

あなたが始める業種によっては、

事業目的にあわせてしっかりと定款を作成しておかなかったり、

しっかりと資本金額を考えておかなかったりという時に、

最悪の場合として、許認可を受けることができないというケースがあるのです

このことを十分に理解して会社を設立しましょう。

会社設立と許認可申請に関しても、

当「会社設立サポーターズ」では、

多くの方に信頼していただいているサービスを提供しています。

-許認可申請の必要性
-

執筆者: