起業・開業なら会社設立サポーターズ

「会社設立代行」と「売上を増やす仕組みの作り方が良く分かるマーケティング支援」で大好評 他を圧倒する1500以上のコラム数と15年以上の実績が信頼の証

会社設立とは

独立開業!定款のサンプルを安易に使う危険性とは

投稿日:

独立開業を決意し、会社を設立しようと考える時に、インターネットで公開されているような定款のサンプルを利用しようと考える人がいますが、本当にそれで良いのでしょうか?

今回は、「独立開業!定款のサンプルを安易に使う危険性とは」と題して、定款のサンプルを気軽に使うことの危うさについて考えてみたいと思います。

なお、私たち「会社設立サポーターズ」では、行政書士があなたの会社に最適な定款の作成を行なっています。

電子定款という方法で定款を作成することで、紙に印刷した定款に貼らなければならない4万円の収入印紙が必要ではありません

この他にもさまざまなメリットがある、私たちの「会社設立コース」を必ず確認してくださいね。

予想以上に、あなたにとってもメリットがあるはずです。

独立開業!定款のサンプルを安易に使う危険性とは

起業し、会社を設立登記しようとする時に、必ず必要となる定款。

あなたは、この定款がどのようなものであるかをきちんと理解していますか?

この点を理解せずに、定款のサンプルを容易に使ってしまうと、将来損をすることがあるかもしれません。

定款とは何か? サンプルを使うことで良いのか?

ネット事典のウイキペディアの「定款」の項には、以下のように書かれています。

『定款(ていかん)とは、社団法人(会社・公益法人・協同組合等)・財団法人の目的・組織・活動・構成員・業務執行などについての基本規則(実質的意義の定款)、また、それを記した書面・記録(形式的意義の定款)である。

絶対的記載事項
法律の規定によって、定款に必ず記載しなければならない事項。定款に記載しないと定款自体が無効となる。

相対的記載事項
法律の規定によって、定款に記載しなければ効力を持たないこととされている事項。定款に記載しなくても定款自体の効力には影響しない。単に、当該事項が効力を有しないだけである。

任意的記載事項
定款へ記載しなくとも定款自体の効力には影響せず、かつ、定款外においても定めることができる事項。重要な事項について事を明確にする目的などで定款で定めることが多い。定款に記載することによって、定款変更の手続きによらなければ変更できなくなるため、変更を容易にできないようにすることができる。法律の規定に違反しない限り認められる』

会社の目的を記載し、組織や業務執行なども書面に残しておく。

定款は会社の憲法だという言い方もあるので、

あなたの会社の憲法を気軽に作って良いのかを一度考えてもらえればと思います。

絶対的記載事項は、必ず定款に書かなければならないので、定款のサンプルを参考に、自分のケースに書き換えれば、ここで間違えることはほとんどないでしょう。

しかし、相対的記載事項は、定款に書いていなければ効力がありません

あなたの会社の将来を考えた場合、リスクを回避するために、どのようなことを定款に書いておかなければならないかは、会社法に詳しい行政書士・司法書士に確認しておく必要があるのではないでしょうか?

あなたが、定款のサンプルを読んだ時に、「書かれている内容を完璧に理解している」とは言えませんよね。

それなのに、定款のサンプルをそのまま使ってしまう。

理解せずに、そのような対応をしてしまって本当に良いのでしょうか?

定款を修正する時には、その度に登録免許税を支払わなければなりません

初めて会社を設立する時に、会社設立手続きをしてくれる代行サービス料を節約したいというような考えから、定款のサンプルを使って、自分で会社を登記したとしても、定款の修正が必要になるようでは、本末転倒ですね。

自社に最適な定款をしっかりと専門家に作ってもらって安心したいと思いませんか?

定款のサンプルを使わない会社設立コースの特徴

あなたが希望している事業内容をきちんとお聞きし、

その事業に最適な定款を法務局で通用する記述方法でしっかりと記載します。

前述のように、電子定款を作成するので、4万円の収入印紙税を節税できます

さらに、私たちは司法書士が、法務局に代理申請を行なうことができるので、あなたが法務局に行く必要はありません。

その代理申請を行なうと、あなたが支払う登録免許税が4千円少なくなるというメリットもあります。

加えて、マーケティングのコンサルタントによる「売れる仕組み作り」や「インターネットの活用法」に関するアドバイスも含まれています。

会社を設立すること自体が目的ではありませんね。

会社を設立後、どんどんと売上を増やすことが目的ですよね

そのための売れる仕組み作り。

10年以上のコンサルティング経験があるコンサルタントから、マーケティングのさまざまなノウハウを教えてもらいたいと思いませんか?

事業計画等に関することだけではなく、インターネットを活用した集客増・販売増を、さまざまな取り組みから実践していく。

まずは、ホームページの正しい始め方』というPDF教材を差し上げるので、それを読んでから分からない点を質問し、あなたの会社にとっての最適なインターネットの活用法についてご一緒に考えていきましょう。

このような取り組みを通して、あなたが成功するための基盤を作っていきましょう。

定款のサンプルを探していた時とは、まったく違った視点であなたの起業を考える。

もし、このような視点に共感していただけるのであれば、私たちの「会社設立コース」の詳細をぜひご確認ください。

会社設立サポーターズに出会って本当に良かった

このように言っていただけるように、全力でサポートさせていただきます。

それでは、今後ともよろしくお願いいたします。

-会社設立とは
-,

執筆者: