起業・開業なら会社設立サポーターズ

「会社設立代行」と「売上を増やす仕組み作りの作り方が良く分かるマーケティング支援」で大好評 他を圧倒する1500以上のコラム数と15年以上の実績が信頼の証

許認可申請の必要性

話題!この喫茶店営業許可申請代行サービスが便利

投稿日:

癒しの空間にもなる喫茶店の営業許可

あなたも、会社設立と同時に行政書士に申請を頼みたいと思いませんか?

今回は、「この喫茶店営業許可申請代行サービスが便利」と題して、私たち「会社設立サポーターズ」の許認可申請の代行サービスや会社設立手続き代行サービス、さらにホームページ活用支援サービスについてご紹介しましょう。

この喫茶店営業許可申請代行サービスが便利

喫茶店といっても、さまざまなタイプの喫茶店がありますよね。

喫茶店営業許可の対象となる喫茶店の定義は、「喫茶店、サロンその他設備を設けて酒類以外の飲物又は茶菓を客に飲食させる」となっています。

あなたは、どのようなタイプの喫茶店やサロンを開業したいと思いますか?

喫茶店営業許可とは

喫茶店営業許可は、喫茶店を開店する時に必要となりますが、もし食事メニューの充実を図りたいのであれば、「飲食店営業」の申請をした方が良いかもしれません

そのため、この許可申請を検討する段階で、どのようなタイプの喫茶店やサロンを開業したいかを決めることはとても重要です。

あくまでも、料理メニューにはこだわらず、コーヒー、紅茶、日本茶というような飲料を主体にした喫茶店を開業したいのなら、この喫茶店営業許可でも良いでしょうね。

この喫茶店営業許可は、最寄の保健所に、

  • 食品営業許可申請書
  • 施設の平面図および設備器具の調書・配置図
  • 食品衛生責任者となる資格を証明する書類(調理師免許、食品衛生責任者養成講習会の修了証など)
  • 株式会社、合同会社等の法人で申請する場合は、その法人の登記簿謄本(現在事項証明書)
  • 水道水以外の水を使用する場合は、飲用に適している旨の科学および細菌検査成績書の写し

以上のような書類を提出し、立会い検査も受けなくてはなりません。

結構、地域ごとの保健所によって基準が違うことがあるので、店舗物件の契約をしてから、これでは許可が下りないということがわかったら大変です。

そのようなことがないように、多くの人と同じように、やはり行政書士に依頼するのが良いと思いませんか?

私たち「会社設立サポーターズ」も、しっかりと行政書士が対応しますので、ご相談ください。

喫茶店の営業許可を受ける前の事業計画

喫茶店の営業許可を受けてから、もっと料理メニューを増やした飲食店を開業したくなる。

これでは、許可の申請が二度手間になってしまいます。

そのようなことがないように、あなたが考えている喫茶店やサロンについての事業計画を事前に検討しておきたいものですね

事業計画の内容によっては、多くのお客様が度々訪れる魅力的な喫茶店やサロンになるはずです。

その店舗コンセプトを生かして、二店目、三店目の開店だって夢ではありません。

そのようにどんどんビジネスを拡大していくというのも一つの考え方です。

もし、喫茶店やサロンの開業時に法人化も考えているというのであれば、

喫茶店の営業許可申請と同時に会社設立手続きも、私たちが代行します。

面倒な手続きは専門家に任せて、あなたは開業準備に集中したいと思いませんか?

あなたの時間と手間を開業準備に集中できるように、私たちも頑張ってサポートさせていただきます。

喫茶店・サロンの開業と会社設立サポーターズ

前述のように、喫茶店営業許可だけではなく、会社設立手続きの代行も行なっていますが、それだけではなく、ホームページの活用支援も行なっているのが、「会社設立サポーターズ」の最大の特徴です。

あなたが経営する喫茶店やサロンにも、ホームページがきっかけになったお客様が増えると嬉しくありませんか?

うまくホームページを活用できるようになると着実に来店率がアップします

そのような方法についてアドバイスしてもらいたいと思いませんか?

会社設立代行サービスを利用するだけで、ホームページ活用支援も受けられる。

このようなサービスは他にはきっとないでしょう。

せっかくこのサイトに来たのですから、ぜひサービス内容の詳細を確認してくださいね。

あなたの開業をしっかりとサポートしますので、今後ともよろしくお願いいたします。

-許認可申請の必要性
-, ,

執筆者: