起業・開業なら会社設立サポーターズ

「会社設立代行」と「売上を増やす仕組みの作り方が良く分かるマーケティング支援」で大好評 他を圧倒する1500以上のコラム数と15年以上の実績が信頼の証

*

エステサロンを開業する注意点とは

現代は本当にストレスが溜まる時代です。

そのストレスをいかに解消するかが、

仕事、家事、勉強などを続けていく上で大切な鍵になります。

多くの人がこのように考えて、

自分なりのストレス解消法を見つけていますが、

多くの女性にとってエステサロンを利用してストレスを解消することは、

自分に対する大切なご褒美になっています。

ストレスを解消するだけではなく、自分磨きの一環として

美顔だったり、ダイエットだったりという時にエステサロンを利用する機会も増えています。

そのような多くの人のニーズを、いかに上手く掴むか。

これがエステサロンを開業して成功に導く鍵です。

お客様のニーズが高いということは、

そのニーズを掴み、ビジネスにつなげようと考える人が多いということも意味しています。

競争が厳しいエステ業界

このエステ業界にこれから参入し、

あなたの夢を実現するエステサロンを開業するということは決して簡単ではありません。

以下のような点にも注意を払い、しっかりとエステサロンを開業しましょう。

エステサロンを開業する時の注意点

特定商取引法の遵守

お客様に喜んでいただけるエステサロンを開業したい

実は、エステサロンの経営者はこのように考えている人ばかりではありません。

悪質なエステサロンがあり、その取締りのために、

2004年11月にはエステサロン向けの特定商取引法の改正が行なわれました。

その特定商取引法のポイントは以下の通りです。

  • 説明不足に対する規制
  • 販売目的の隠蔽や勧誘に対する規制
  • 中途解約の実施
  • 誇大広告表現などの規制

特定商取引法に従わなければならないと考えるのではなく、

お客様に信頼され、リピーターを育てるという強い意識がなければ、心ならずもこれらの規制に違反してしまうことがあるかもしれません。

そのようなことがないように経営者ばかりではなく、一人ひとりのスタッフが特定商取引法をしっかりと理解し、お客様に対応できるようにトレーニングをしたいものです。

エステサロンの衛生管理

多くの人が美容・健康のために訪れるエステサロン。

それなのに空気汚染、ダニ、カビなどが発生するようでは問題外です。

最近人気の岩盤浴の施設に、細菌が多く発生していたという報告もあり、衛生管理には特に注意を払いたいものです。

技術力に裏打ちされたエステサロンの魅力

エステサロンはやはり技術力がなければ、リピーターが増えません。

エステサロンの開業時に、どのようなエステサービスでお客様を引き付けるのかを検討することになりますが、その自分たちの特徴を引き出すために、エステ機器の選定はとても重要な要素です

・価格だけではなく機能を重視

開業時の初期費用をできるだけ抑えたいという気持ちは本当に良く理解できるのですが、価格だけにとらわれてしまうと長い年月使うことができる機器の信頼性や機能を重視することを忘れがちです。10年以上使うことができる機器も多いので、十分に時間をかけてエステ機器の選定を行ないましょう。

・中古品の見極め

中古品は当たりはずれが大きいです。きちんとメンテナンスされていた中古品であればお買い得なものも多いのですが、そうでなければ利用することができる年月がとても短くなってしまうものも少なくありません。

たとえば、スチーマーを精製水ではなく水道水で使用していたケース。

このような使い方をしたスチーマーは、白色化した垢がパイプなどにこびりついてしまい、故障の原因になります。これではせっかく安く購入したとしても、利用できる期間が短くなり、かえって高くつくということになってしまうのです。

エステサロンの開業をサポート

このようにさまざまな点に配慮しなければならないエステサロンですが、エステ機器の購入やエステサロンの店舗事務所の敷金礼金などに多くの資金が必要になります

そのため、日本政策金融公庫や各県の助成金などを有効活用したいものですが、その融資を得るためには、法人になっていた方が有利です

会社設立サポーターズ」では、株式会社などの手間がかかる法人の設立をサポートするばかりではなく、エステサロンがインターネットで集客する時のネットビジネスの活用法に関するレポートを進呈したり、メール相談サポートをしたりというサービスも提供しています

あなたのエステサロンの成功を実現するために、

会社設立サポーターズ」をぜひご利用ください。

 - 開店準備を検討 ,