起業・開業なら会社設立サポーターズ

「会社設立代行」と「売上を増やす仕組み作りの作り方が良く分かるマーケティング支援」で大好評 他を圧倒する1500以上のコラム数と15年以上の実績が信頼の証

開店準備を検討

調剤薬局を活性化させる開業前後の施策とは

投稿日:

調剤薬局に対するニーズが高まり、

調剤薬局を開業したいという人たちが増えたことで、一般販売業を行ないながら、調剤薬局に新規参入しようというケースも増え、徐々に競争が厳しくなっています

もちろん、調剤薬局を開業したいと思っても、すぐに開業できるわけではありません。

調剤薬局を開業するためには、その調剤薬局がある都道府県の知事の許可を得る必要があり、その都道府県によって調剤薬局の設置基準が異なる場合もあるので、調剤薬局に気軽に参入できるというわけではないのです。

そのため、しっかりと調剤薬局で成功するためのビジネスモデルを作り上げていく必要があります。

私たち「会社設立サポーターズ」には、行政書士や司法書士が参加しているので、調剤薬局の許可申請の代行を行なったり、調剤薬局の法人設立代行を行なったりというサービスを提供することができます

さらに、調剤薬局を開業したい薬剤師の方をはじめとして、

調剤薬局の事業プランを作成することに苦手意識を持っている人が少なくないでしょう。

「会社設立サポーターズ」には、マーケティングのコンサルタントも参加しているので、あなたが開業したい調剤薬局の競争力を強化するための事業プランを一緒に考えることもできます。

今回は、「調剤薬局を活性化させる開業前後の施策とは」と題して、

成功する調剤薬局のために開業前後に検討しておいた方が良い点について考えてみましょう。

調剤薬局を活性化させる開業前後の施策とは

調剤薬局を活性化させるためには、

開業前に、しっかりと売上予測のシミュレーションをしておいた方が良いでしょう。

「会社設立サポーターズ」の以前のコラムで、

調剤薬局の開業時の売上シミュレーション」に関する解説をしていますので、そちらのコラムも参考に、調剤薬局の開業前の検討事項について考えてみましょう。

成功する調剤薬局

調剤薬局を成功させるためには、近隣にどのくらいの数の病院数があるかを確認する必要があります。また、それらの病院に隣接する、競合する調剤薬局の有無やそれらの調剤薬局の繁盛具合を調査します。

それらのデータに基づき、自分たちが月間に扱うことができる処方箋数を予測し、店舗の賃料や薬剤師の給与等の経費を除いた利益がどのくらいになるかをシミュレーションするのです。

調剤薬局の開業前に、このシミュレーションがより具体的であるほど、

実際に開業した時の売上に大きな差がなくなります。

予測がしっかりしているほど、成功しやすくなるのです

リピーターを増やす開業後の調剤薬局用の施策

調剤薬局のリピーターを増やすためには、

サービスの質の向上コミュニケーション力アップが欠かせません。

地域住民の健康相談窓口としての役割がある調剤薬局であることを意識し、複数の病院にかかっている人の薬の飲み合わせに関するアドバイスをするなど、丁寧で質の高いサービスを提供することを意識する必要があります。

そのことを日々の業務の中で取り入れて薬剤師のレベルを向上させるばかりではなく、自分たちの取り組みをしっかりと情報発信することも必要です

その情報発信に威力を発揮するのが、インターネットです

あなたの調剤薬局を利用する人たちが使うインターネットにアクセスすることができる機器の種類などを考慮し、パソコン向けのホームページや携帯電話向けのホームページを開設したり、メールマガジンを発行したりということで、調剤薬局のコミュニケーション力をアップさせるのです。

今後ニーズが高まる調剤薬局市場では、競争が厳しくなることは確かでしょう。

競争が厳しくなるからと躊躇するのではなく、

他の調剤薬局とは異なる取り組みを積極的に行ない差別化する

この差別化が継続的に行なえる調剤薬局であれば、

ドンドン売上を増やして成功しやすくなるのです。

このようなインターネットの活用方法のアドバイスもできる「会社設立サポーターズ」。

競争に勝ち抜くために、法人化してインターネットも十分に活用したいというのであれば、ぜひ「会社設立サポーターズ」のサービスをご利用ください。

調剤薬局を開業して大丈夫だろうか

そのように不安に思う気持ちが少しでも軽くなるように、

あなたの調剤薬局の成功に向けて頑張ってサポートさせていただきます。

-開店準備を検討
-, ,

執筆者: