起業・開業なら会社設立サポーターズ

「会社設立代行」と「売上を増やす仕組みの作り方が良く分かるマーケティング支援」で大好評 他を圧倒する1500以上のコラム数と15年以上の実績が信頼の証

都道府県別の会社設立

要確認!山形県山形市で会社を設立・起業したい人向けのお得情報

投稿日:

山形市で会社を作る詳しい方法を知りたい

このように考えている人を対象に、どのような流れで、山形市で会社の登記を行なえば良いかを詳しく解説しています。

なお、私たち「会社設立サポーターズ」では、行政書士等が山形市向けの会社設立手続の代行サービスも行なっているため、そのサービスの特徴についてもご紹介します。

さらに、私たちの起業支援サービスでは、あなたの会社の売上を増やすための「売れる仕組み作り」のサポートを、マーケティングのコンサルタントが行なっています。

起業後の売上が不安

このように思う人が多いのですが、この不安を少しでも解消できるように、売上を増やす仕組み作りについてアドバイスを受けるのも良いと思いませんか?

詳細については、最後の項でご確認ください。

山形市の特徴と会社設立手続の方法

オンライン事典のウィキペディアの「山形市」の項には、以下の説明があります。

『山形市(やまがたし)は、山形県の中部東にある人口約25万5千人の市で、同県の県庁所在地でもある。

山形駅は、いくつかの鉄道路線が集中しているターミナル駅であるが、山形以南を除いて全て単線であるため発車間隔は、各路線で1時間に1~2本程度の頻度しかない。従って、市内の移動は道路網を利用したほうが利便性が高い場合が多い。山形新幹線つばさがミニ新幹線(新幹線直行特急)方式で開通し、東京方面への移動時間が大幅に短縮された』(ウィキペディアの山形市の項より引用)

このような特徴のある山形市で、どのような仕事をするのか?

この仕事内容を、会社設立時に必要となる「定款」に書き込むことになります。

ただ書けば良いということではなく、会社の登記を行なう法務局で認められる書き方にしなければならないので注意が必要です。

この点が大変なので、多くの人が行政書士に依頼しています。

私たちの行政書士は、「電子定款」を作成します。

電子署名等が必要となる独自のソフトウェアで作成する「電子定款」ですが、手間をかけてでも作るメリットがあります。

それは、紙に印刷した定款に貼らなければならない4万円の収入印紙が不要になるというメリットです。

あなたも、私たちの「会社設立コース」を利用して、この4万円を節約したいと思いませんか?

あなたは、株式会社を作りたいと考えているでしょうか?

株式会社を作る場合のみなのですが、株式会社用の定款は、公証役場の公証人によって認証されなければならないという決まりがあります。

そのため、以下の山形市の公証役場に定款を提出することになります。

会社設立手続き1:山形県山形市の公証役場情報

山形 990-0039 山形県山形市香澄町1-20-1
電話番号023-625-1693 ファックス番号023-633-0938

会社の登記に必要な書類がすべて揃ったら、山形地方法務局の本局で、会社の登記を申請することになります。

私たちの起業支援サービスの大きな特徴の一つに、「代理申請」ができるということが挙げられます。

行政書士だけの事務所では、この代理申請はできませんが、私たちの場合は、司法書士が代理申請をすることができるので、あなたが一度も法務局に行かなくとも、自分の会社を登記できるというメリットがあります。

忙しい時に法務局に行く時間を節約できる。

これも嬉しいですが、法務局でいろいろな質問をされて、上手く回答が出来なかったら嫌ですね。

そのようなこともない「代理申請」。

あなたも利用してみたいと思いませんか?

会社設立手続き2:山形地方法務局の本局情報

〒990-0041山形県山形市緑町1丁目5番48号(山形地方合同庁舎)
電話: 023(625)1321(代)

山形市向けの会社設立コース

最初にご紹介したように、私たちの起業支援サービスには、「売れる仕組み作り」のサポートを行なうコースがあります。

少しでも売上を増やしたい。

効率的にビジネス活動を行ないたい。

このように考えるのなら、本気で利用を考えてみても良いかもしれません。

マーケティングのコンサルタントが、あなたが関係する業界や競合会社の調査・分析をご一緒に行ない、あなたの会社の特徴が際立つビジネスモデルを作るためのアドバイスを行ないます。

ここから買いたい

「このサービスを利用したい」

このように思ってもらえるお客様をたくさん増やすための仕組み作り。

ぜひご活用ください。

かなりワクワクする体験になるはずです。

山形市で起業するあなたのお役に立ちたい

本気で思っていますので、今後ともよろしくお願いいたします。

-都道府県別の会社設立
-,

執筆者: