起業・開業なら会社設立サポーターズ

「会社設立代行」と「売上を増やす仕組みの作り方が良く分かるマーケティング支援」で大好評 他を圧倒する1500以上のコラム数と15年以上の実績が信頼の証

*

起業!徳島県徳島市で会社を設立したい人が確認しておくべきこと

徳島市で会社を作りたい

このように思っている人向けに、どのように徳島市で会社を登記すれば良いかを解説します。

なお、私たち「会社設立サポーターズ」では、行政書士等が徳島市向けに会社設立手続の代行サービスも行なっているので、その特徴についてもご紹介しましょう。

かなりお得です。

さらに、私たちの起業支援サービスでは、あなたの会社の売上を効率的に増やしていく仕組み作りのサポートも行ないます。

地域で一番、日本で一番の会社になるための仕組み作り。

あなたも興味がないでしょうか?

最後の項や各コースで詳細をご確認ください。

徳島市の特徴と会社設立手続の方法

ネット事典のウィキペディアの「徳島市」には、以下の説明があります。

『徳島市(とくしまし)は、日本の四国北東部に位置する都市で、徳島県の県庁所在地である。キャッチフレーズは「心おどる水都・とくしま」。

徳島市は江戸時代に徳島藩の城下町として栄え、幕末には藍産業の発展で国内で人口が上位10位に入る城下町となった。徳島県の政治・経済・文化の中心都市であり、四国地方でも最大規模の都市の一つである。

古来より近畿地方との繋がりが強く、現在でも神戸淡路鳴門自動車道や関西地方のテレビ、ラジオを通じて人的・物的・経済的な交流が盛んである。地理的には「四国三郎」と呼ばれる吉野川の河口に位置し、紀淡海峡に面している。

毎年8月のお盆期間に開催される当市の阿波おどりは日本の著名な伝統芸能の一つであり、阿波踊り期間中の4日間に日本国内外から約130万人の観光客が訪れる』(ウィキペディアの徳島市の項より引用)

このような特徴のある徳島市で、どのような事業を開始するのか?

この点を明確にして、会社設立時に必要となる「定款」に記載することになります。

ただ書けば良いということではなく、会社の登記を申請する法務局で認められる書き方にしなければならないので結構大変です。

多くの人が行政書士に依頼しているのも頷けます。

私たちの行政書士は、「電子定款」を作成しています。

紙の定款には、4万円の収入印紙を貼るように言われるのですが、電子定款の場合は必要ありません。

あなたも、私たちの起業支援コースを利用して、この4万円を節約したいと思いませんか?

これだけ節税できたら、かなり大きいですね。

定款を作成することができたら、次の段階では、公証役場で定款の認証を受ける必要がある場合があります。

それは、株式会社を作る場合なのですが、株式会社用の定款のみ、公証人によって認証されなければならないので、この手続が必要になります。

徳島市には、以下の場所に公証役場があるのでご参考にしてください。

なお、私たちの起業支援を受けた場合は、私たちが公証役場に定款を提出します。

会社設立手続き1:徳島県徳島市の公証役場情報

徳島 770-0841 徳島県徳島市八百屋町3-15 サンコーポ徳島ビル7階
電話番号088-625-6575 ファックス番号088-652-2314

会社の登記に必要な書類が揃ったら、法務局で申請する段階ですが、慣れていない法務局でいろいろな質問をされると嫌だと思いませんか?

実は、私たちは、行政書士だけの事務所とは違い、司法書士が「代理申請」をすることができます

あなたは一度も法務局に行く必要がありません

とても楽に、自分の会社を持てたら嬉しいと思いませんか?

会社設立手続き2:徳島地方法務局の本局情報

〒770-8512 徳島県徳島市徳島町城内6番地6 徳島地方合同庁舎
電話: 088-622-4171

徳島市向けの会社設立コース

最初にご紹介したように、私たちの起業支援は、会社設立手続きの代行サービスだけではありません。

あなたの会社が繁盛する仕組み作りのサポートを、マーケティングの視点から行ないます。

適切な顧客選定法など、あなたがまだ気づいていないさまざまな販売ノウハウを教えてもらえる貴重な機会になるはずです。

起業するこの機会にきちんと教えてもらって、本当に良かった

このように思っていただけるように、精一杯対応させていただきますので、今後ともよろしくお願いいたします。

 - 都道府県別の会社設立