起業・開業なら会社設立サポーターズ

「会社設立代行」と「売上を増やす仕組みの作り方が良く分かるマーケティング支援」で大好評 他を圧倒する1500以上のコラム数と15年以上の実績が信頼の証

*

話題!北海道帯広市で会社を設立したい人が知っておくべき起業情報

帯広市で会社を作るための詳しい方法を知りたい

このように思っている人向けに、帯広市でどのような流れで会社の登記を行なえば良いかを解説してます。

なお、私たち「会社設立サポーターズ」では、行政書士等が帯広市向けの会社設立手続の代行サービスも行なっているので、そのかなりお得な特徴についてもご紹介します。

さらに、私たち起業支援では、あなたの会社の売上を効率的に増やしていく仕組み作りのサポートも行なっています。

成功しやすい形作り。

あなたも興味がありませんか?

最後の項で、このサービス内容についてもご確認ください。

帯広市の特徴と会社設立手続の流れ

ネット事典のウィキペディアの「帯広市」の項には、以下の説明があります。

『帯広市(おびひろし)は、北海道十勝総合振興局管内にある市。十勝総合振興局所在地で、十勝地方の拠点都市。人口は道内第6位、都市圏人口は道内第4位で道東最大の都市圏人口を有する。

十勝地方の産業・経済の中心地。卸売業・小売業の年間商品販売額は8,927億円(2007年)で札幌、旭川に次ぐ規模である。

また、札幌を除く道内主要都市と同じく帯広も小売業販売額や事業所数が減少しているが、その減少数は道内他都市と比べ緩やかである。

その一方で、モータリゼーションの進行に伴い市街地が拡散・ロードサイド型店舗の相次ぐ出店により中心市街地の空洞化が進んでいる』(ウィキペディアの帯広市の項より引用)

このような特徴の帯広市で、どのような業種の仕事をするのか?

この点を具体化して、会社設立時に必要となる書類である「定款」に記載することになります。

ただ、書くときには注意をしてください。

会社の登記は法務局で行なうのですが、定款は法務局で認められる書き方になっていなければ、何度も修正するケースもあり注意が必要です。

多くの人が書き方に慣れていないので、行政書士に依頼するケースも増えています。

私たちは、行政書士が「電子定款」を作成します。

電子署名等が必要になる電子定款ですが、紙に印刷した定款とは違い、4万円の収入印紙を貼る必要がありません。

つまり、私たちの起業支援サービスを利用すると、この4万円の収入印紙代を節約することができます

これだけ多くのお金を節約できたら、かなり嬉しいですね。

ぜひ、あなたもご利用ください。

定款作成後ですが、あなたが株式会社を作りたいのであれば、帯広市にある公証役場に定款を提出して認証を受ける必要があります。

帯広市には、以下の場所に公証役場があるのでご参考にしてください。

会社設立手続き1:北海道帯広市の公証役場情報

帯広合同 080-0016 北海道帯広市西6条南6-3 ソネビル3階
電話番号0155-22-6789 ファックス番号0155-22-6789

帯広市で会社を作りたいと考えていても、申請する法務局は、札幌法務局の本局になってしまいます。

ここまで申請に行くのは大変ですね。

しかし、私たちの場合、司法書士が代理申請することができるので、あなたが一度も法務局に行かなくとも、自分の会社を持つことができるというメリットがあります。

あなたも、このメリットを上手く利用して、賢く起業してみませんか?

「法務局に行くのが大変」ということだけではなく、法務局でいろいろな質問をされて戸惑ってしまったら大変ですね。

このようなこともないので、司法書士に任せてしまうと、随分と気持ちが楽になります

会社設立手続き2:札幌法務局の本局情報

〒060-0808 北海道札幌市北区北8条西2丁目1番1(札幌第1合同庁舎1階・2階)
電話: 011-709-2311(代表)

帯広市向けの会社設立コース

最初にご紹介した売れる仕組み作りのサポートですが、マーケティングのコンサルタントが行なっています。

あなたの会社に最適な売れる仕組み作りをご一緒に検討し、あなたの会社の競争力を高めて、どんどん売上を増やしていく

このような仕組み作りを目指して、わくわくするビジネスモデルを検討していくための起業支援サービスです。

自分だけでは気づかなかったさまざまな販売ノウハウを教えてもらえる貴重な機会になるので、上手くご活用くださいね。

あなたの成功を目指して、全力でサポートさせていただきます。

 - 都道府県別の会社設立