起業・開業なら会社設立サポーターズ

「会社設立代行」と「売上を増やす仕組みの作り方が良く分かるマーケティング支援」で大好評 他を圧倒する1500以上のコラム数と15年以上の実績が信頼の証

都道府県別の会社設立

起業!北海道名寄市で会社を設立する場合の必須情報とは

投稿日:

名寄市で会社を作るための方法を知りたい

このように思っている人を対象に、どのような流れで会社の登記を名寄市で行なえば良いかを解説します。

なお、私たち「会社設立サポーターズ」では、行政書士等が名寄市向けに会社設立手続の代行サービスも行なっています。

とても楽に、早く自分の会社を登記することができるのでお薦めです。

さらに、私たちの起業支援では、あなたの会社の売上を倍増させる仕組み作りやインターネットの活用に関するサポートも行なっています。

起業後の売上が不安。

このように思っている人にも好評です。

最後の項で、この点についてもご確認ください。

名寄市の特徴と会社設立手続の流れ

オンライン事典のウィキペディアの「名寄市」の項には、以下の紹介があります。

『名寄市(なよろし)は、北海道上川地方北部にある市。

北海道北部にある名寄盆地の中央、天塩川と名寄川の合流点に市街地がある。農業の集散地として発展。

上川地方北部(塩狩峠以北)の中心都市。基幹産業は農業で、餅米の生産量は日本一。アスパラガスやカボチャの生産も盛ん。

かつては宗谷本線の名寄駅から名寄本線と深名線が分岐し、国鉄城下町としても栄えていた。しかし、国鉄分割民営化に伴う大規模な人員異動や希望退職、両路線の廃止によって地域経済は大きな影響を受けた。このあおりを受け、2002年(平成14年)には過疎地域の指定を受けている。

2006年(平成18年)11月にオープンしたサンピラーパーク交流館は、本格的にカーリングができる全国的にも珍しい施設である。

冬はピヤシリスキー場がスキー・スノボー客を集める。隣接するジャンプ台では全国規模の大会も行われる。市は「雪質日本一」をアピールしている』(ウィキペディアの名寄市の項より引用)

このような特徴のある名寄市で、どのような仕事をするのか?

この点を明確にして、会社設立時に必要となる定款に書くことになります

定款は、会社の登記を行なう法務局で認められる書き方にしなければならないのでご注意ください。

法律用語に詳しくない人は戸惑うことが多くなり、結局行政書士に依頼する人が少なくありません。

私たちの場合は、行政書士が「電子定款」を作成します。

紙の定款には、4万円の収入印紙を貼らなければならないのですが、電子定款の場合は不要なので、私たちの「会社設立コース」を利用すると、かなりの節税になりますね。

4万円節税できたらかなり嬉しいですね

定款作成後の次のステップでは、公証役場に定款を提出して、公証人の認証を受ける場合があります。

あなたがもし、株式会社を作りたいと思っているのなら、このケースに該当します。

名寄市には、以下の場所に公証役場がありますので、ご参考にしてください。

会社設立手続き1:北海道名寄市の公証役場情報

名寄 096-0011 海道名寄市西1条南9-35
電話番号01654-3-3131 ファックス番号01654-3-3131

いよいよ法務局で、あなたの会社を申請する段階ですが、名寄市で会社を作りたい場合でも、申請をするのは、札幌法務局の本局になります。

この本局まで行くのは、かなり大変だと思いませんか?

実は、私たちの司法書士は、代理申請することが認められています。

あなたが一度も法務局に行かなくとも、自分の会社を持つことができるのなら、その方が良いと思いませんか?

会社を作りたい人に楽に会社を設立してもらいたい

このように思ってサポートを続けています。

あなたもぜひ、ご利用ください。

会社設立手続き2:札幌法務局の本局情報

〒060-0808 北海道札幌市北区北8条西2丁目1番1(札幌第1合同庁舎1階・2階)
電話: 011-709-2311(代表)

名寄市向けの会社設立コース

面倒な会社設立手続を代行してもらえるのも嬉しいと思いますが、私たちの起業支援では、前述のように、売れる仕組み作りやインターネットの活用に関連したサポートも行なっています。

成功しやすい形を作れるのであれば、ぜひ利用してみたい。

このように考える人がたくさんいますが、あなたはいかがでしょうか?

私たちのマーケティングのコンサルタントは、すでに15年以上さまざまな業界の成功法則の調査・分析を行なっています

そのノウハウを生かして、あなたも成功しやすい形を早く作ってみたいと思いませんか?

私たちに、名寄市で起業を頑張っているあなたを応援させてください。

それでは、今後ともよろしくお願いいたします。

-都道府県別の会社設立
-

執筆者: