起業・開業なら会社設立サポーターズ

「会社設立代行」と「売上を増やす仕組みの作り方が良く分かるマーケティング支援」で大好評 他を圧倒する1500以上のコラム数と15年以上の実績が信頼の証

都道府県別の会社設立

群馬県前橋市で会社を設立する人向けの必須情報とは

投稿日:

あなたも、群馬県前橋市で会社を設立したいと思っていますか?

会社を設立するためには、さまざまなノウハウが必要ですが、

まずは、会社を設立するための全体像について把握しておくと良いでしょう。

そのため今回は、「群馬県前橋市で会社を設立する人向けの必須情報とは」と題して、前橋市で会社を設立したいと考えている人を対象に、会社設立手続きの流れについて説明しましょう。

群馬県前橋市の特徴と会社設立

ネット事典のウィキペディアには、前橋市について以下のようなことが書かれています。

『中心市街地は商業の衰退が著しく、中心市街地の再活性化は目下最重要課題である。対して、後述の要因により商業施設は市街地外周や郊外に多く立地している』(ウィキペディアの群馬県前橋市の項より引用)

このような特徴のある前橋市ですが、あなたはこの前橋市でどのような業種の会社を設立したいのですか?

会社を設立する時には、その業種に適した定款を作成する必要があります。

実は、私たち「会社設立サポーターズ」では、この定款の作成を行政書士が行なっています

その際に、電子定款という形式の定款を作成しているのですが、

そうすると紙の定款に貼らなければならない4万円の収入印紙が必要ではありません。

つまり、4万円の収入印紙税が節税できるのです

これは大きいですね。これだけの金額を節税できるとかなり嬉しいですよね。

この節税のために、私たちの「会社設立コース」を利用していただいていますが、このコースの利用メリットはそれだけではありません。

特に、株式会社の設立では、定款を作成後に、公証人による定款の認証を受けなければなりません。

そのために、公証役場に定款を提出するのですが、この提出も、私たちの行政書士が行ないます。

認証をきちんと受けることができるように、公証人との確認作業も行ないますので、あなたが大変な思いをすることはありません。

ただし、認証を受けた定款を、私たちの行政書士が公証役場に取りに行くことが難しいので、定款の受け取りだけはお願いします。

認証を受けた定款は、行政書士に郵送してください。

以下が、前橋市の公証役場の情報ですので、ご参考にしてくださいね。

会社設立手続き1:群馬県前橋市の公証役場情報

前橋合同 371-0023 群馬県前橋市本町1-3-6
電話番号027-223-8277 ファックス番号027-223-8150

会社の設立は、法務局で登記することで完了するのですが、法務局に提出する必要書類は、私たちの司法書士がすべて揃えてから提出しています。

行政書士の場合は、代理申請はできないのですが、司法書士の場合は、代理申請ができるのが特徴です。

その代理申請の際に、あなたが支払わなければならない登録免許税が5千円割り引かれるというメリットもあります。

法務局の場合、申請だけではなく、登記完了後の書類の受け取りも、私たちの司法書士が行ないますのでご安心ください。

会社設立手続き2:前橋地方法務局本局情報

〒371-8535 群馬県前橋市大手町2丁目10-5
電話:027(221)4466

群馬県前橋市向けの会社設立コース

行政書士・司法書士が、前述の方法で会社設立手続きの代行を行なっているので、あなたが会社設立登記に苦労することは何もありません。

実は、自分だけで手続きをしようとした人が、かなり苦労したということをインターネットで公開していることが少なくありません。

会社法などの難しいことを苦労して理解しようとするのではなく、専門家に任せてしまうというのも、これから経営者になるあなたにとって必要な判断になると思いませんか?

さらに、私たちの「会社設立コース」には、

あなたの会社の売上を増やすための仕組み作りに関するアドバイスも含まれています

会社を設立できても、売上が増えなければ、独立した意味がありませんよね。

しっかりと会社の売上を増やし、自分の年収も倍増させる。

そのために必要となる仕組み作りの方法についても、この機会に教えてもらえたら嬉しいと思いませんか?

私たちは、あなたが成功することを全力で応援したいと思っています。

そのために、こだわっている「会社設立コース」なので、ぜひ詳細をご確認ください。

成功して本当に良かった

このことを、ご一緒に喜び合えるように頑張りましょうね。

それでは、今後ともよろしくお願いいたします。

-都道府県別の会社設立
-,

執筆者: