起業・開業なら会社設立サポーターズ

「会社設立代行」と「売上を増やす仕組みの作り方が良く分かるマーケティング支援」で大好評 他を圧倒する1500以上のコラム数と15年以上の実績が信頼の証

開業が多い業種

美容室開業!保健所への開業届けとお得な法人設立

投稿日:

女性の印象を決める髪形。

美容室によって本当に違ってきます。

多くのファンを作る美容室を開業したいと考えている人を応援している「会社設立サポーターズ」では、複数の美容室を将来経営したいと考えている人向けに、法人設立代行サービスマーケティング支援サービスを行なっています。

あなたが考えている美容室のコンセプトを広めて、

多くの売上高を達成したいと思いませんか?

そのために最初の美容室で成功し、

そのノウハウを多店舗へと広げていく。

このような美容室のビジネスモデルを考えているのなら、

「会社設立サポーターズ」がお役立つことがいろいろとあるはずです。

美容室開業!保健所への開業届けとお得な法人設立

美容室の開業で必要になることの基本は、以下の通りです。

  • 美容師の資格
  • 管理美容師の確保
  • 保健所へ開設届け

あなた自身が美容師の資格を持っているのなら美容室を開業することができますが、あなたは経営に徹し、美容師を雇うという場合には、美容師の資格を持っている人を探すことになります。

もし、常に二人以上の美容師がいる美容室を開業するのなら、管理美容師も必要になります。3年以上の美容師の経験があり、講習会を受けた管理美容師が、しっかりとその美容室の衛生管理を行なうのです。

美容師の資格があり、管理美容師の条件も満たしているのであれば、

美容室を開業することができますが、

開業時に以下の書類を保健所に提出する必要があります。

  • 開設届
  • 施設平面図
  • 現在事項全部証明書(登記簿謄本)-法人の場合のみ
  • 全員分の美容師の免許証(原本)-確認後返却
  • 管理美容師をおく必要がある場合(美容師が2名以上いる施設)は管理美容師の講習会終了証-確認後返却
  • 従業員(見習い、手伝い含む)の結核ではない旨を証明する書類

美容室開業時に法人化

すでに多くの美容室が開業している現在、

これから美容室を開業する場合は、

自分たちが勝てるビジネスモデルを作り、

勝てる市場で売上を伸ばしていくというのが基本です。

ただ美容師の仕事が好きだからというだけでは

長期間売上を伸ばしていくのが難しいと思いませんか?

自分たちの差別化競合分析を行なうのが、

マーケティングの活動ですが、

そのようなマーケティング支援を行なうこともできるのが「会社設立サポーターズ」です。

美容室の開業前後に必要となるマーケティング活動

会社設立代行サービスに申し込むと、

ホームページを効果的に使う方法が書かれているレポート「ホームページの正しい始め方」を受取ることができます

美容室においても、新規顧客やリピート顧客を増やすために

インターネットの活用が不可欠だということをご存知でしょうか?

パソコン用のサイトだけではなく、

携帯電話用のサイトを作って、リピーターを増やす。

そのような仕組みもインターネットで作ることが可能です。

あなたの美容室の売上を増やすために、

会社設立代行と同時にマーケティングのサポートもあると嬉しい

そのような人でしたら、「会社設立サポーターズ」を利用する価値がとても高いと思います。

もしこのコラムを読んで、

新しい可能性を感じると思ったのなら、

気軽に相談だけでもしてみてはどうでしょうか。

きっと良いきっかけになりますよ。

もちろん、私たちのことも良く知っていただければと思います。

どのような基本サービスがあるかを、この機会に良く読んでみてください。

質の高いお得なサービスだと納得していただけると嬉しいです。


-開業が多い業種
-,

執筆者: