起業・開業なら会社設立サポーターズ

「会社設立代行」と「売上を増やす仕組みの作り方が良く分かるマーケティング支援」で大好評 他を圧倒する1500以上のコラム数と15年以上の実績が信頼の証

会社設立とは

すぐに知りたい株式会社設立費用とお得な特典

投稿日:

資本金が1円からでも設立できるようになったということで話題の株式会社ですが、その株式会社設立費用はどの位かかるのでしょうか?

この疑問を持っている人向けに、今回は「すぐに知りたい株式会社設立費用とお得な特典」というテーマで、株式会社を設立する時にかかる費用と、「会社設立サポーターズ」の会社設立代行サービスを利用した時の特典やメリットについて解説しましょう。

面倒な会社設立手続きを行政書士に任せて楽をする

会社設立手続きで楽をした分、他の起業準備のために時間を有効活用する。

これから経営者になる人にとっては、

自分の時間を生み出すために、どのように仕事を進めていくかを習慣化させることはとても重要です。

時間を作るために投資をする

成功している多くの経営者が実践していることです。

今回も、自分の時間を作るために、会社設立代行料を支払って投資をする。

このような考え方が今後も必要になるでしょう。

前置きが長くなりましたが、

まずは株式会社設立費用について説明しましょう。

すぐに知りたい株式会社設立費用

現在、法律で定められている法定費用に関連した「株式会社設立費用」は以下の通りです。

株式会社設立費用-公証役場手数料50,000円、謄本交付手数料約 2,000円、登録免許税150,000円、印紙代40,000円、登記事項証明書1通700円、印鑑証明書1通500円、合計243,200円

(株式会社の設立に必要となる登録免許税は、資本金額に0.007を掛けた金額になり、その金額が15万円未満の場合でも15万円の支払が必要になります)

公証役場で株式会社の定款の認証を受ける費用

公証役場の手数料として5万円が必要になっていますが、

株式会社を設立する場合には、法務局に株式会社の登記申請をする時の必要書類の一つとして、定款が挙げられますが、その定款は、公証役場で認証を受けた、謄本と記載されている定款でなければなりません

この認証を受けた定款を得るために、手数料として、公証役場で5万円を支払う必要があるのです。

また、謄本交付手数料として約2,000円も必要になります。

ちなみに、「会社設立サポーターズ」を利用すると、

電子定款に対応しているあなたの最寄の公証役場に定款を提出する代行を行なっています。このことで、紙に印刷した定款に貼らなければならない4万円の収入印紙が不要になります

4万円の収入印紙代が必要なくなるのは嬉しいと思いませんか?

このメリットがあるため、「会社設立サポーターズ」を利用していただいています。

法務局に株式会社設立登記を行なうための費用

法務局に株式会社の設立登記を行なう際に必要となる書類等の中に、登録免許税の支払があります。

前述のように、登録免許税は資本金額が元になり、最低でも15万円の支払が必要になります

無事に株式会社の登記を行なうことができたら、

株式会社用の銀行口座の開設等のために必要となる「登記事項証明書」と「印鑑証明書」を交付してもらうことになりますが、「登記事項証明書」は1通700円、「印鑑証明書」は1通500円が必要です。(なお、各料金は2010年4月現在の料金です)

株式会社設立費用と特典

いかがでしたでしょうか?

株式会社を設立するための法律で定められた費用、

予想以上に高かったでしょうか?

「意外に高いですね」という感想を持つ人もいますが、

少しでも法定費用を安くするために

会社設立サポーターズ」の行政書士を利用していただいています。

このことで、電子定款を作成し、4万円の収入印紙代を節約できる。

さらに、「会社設立サポーターズ」の司法書士が法務局に会社設立代行を行なうと、登録免許税が5千円割り引かれるという特典もご利用いただけます

法定費用の合計が4万5千円節約できるので、

会社設立代行手数料を支払っても、結局支払う合計金額はさほど変わらない

その上、会社設立代行に慣れている行政書士が定款を作成することで、自分だけでは気づくことがなかった定款内容を決めることができるので、会社の将来のリスクを回避できるなどのメリットがあります

もちろん、公証役場や法務局の手続きを代行してもらうことで、

自分の手間と時間を節約できるのも大きいですよね。

最後に、「会社設立サポーターズ」のオリジナル特典ですが

起業時に役立つ各種のレポートを受け取ることができるのが好評です。

たとえば、「ホームページの正しい始め方」というレポート。

消費者向けでも、法人向けでも、商品やサービスを販売しようとすると、

自社用のホームページがなければ販売の機会を失うことが少なくありません

ネット販売のように直接商品をホームページで販売する会社ばかりではなく、

法人向けのサービスを利用する見込み客を集めたり、

自分たちの飲食店に来店するお客様を自社のホームページから誘導したり、

というさまざまな方法でホームページを活用することができるのです。

あなたの会社は、営業力が強いという自信があるでしょうか?

もしまだそれほどの自信がないというのであれば、

ホームページの活用は本当にお薦めです。

365日、24時間、あなたの会社のために集客を頑張ってくれるホームページ作成ノウハウを、会社設立時に一緒に知りたいと思いませんか?

会社設立代行料にすでに含まれているホームページ作成支援レポートメール相談サポート

この機会に利用しないと本当にもったいない。

会社設立サポーターズ」のサービスは、あなたの会社が成功していくための良いきっかけになりますよ。


-会社設立とは
-, ,

執筆者: