起業・開業なら会社設立サポーターズ

「会社設立代行」と「売上を増やす仕組みの作り方が良く分かるマーケティング支援」で大好評 他を圧倒する1500以上のコラム数と15年以上の実績が信頼の証

さまざまな起業形態

カタログギフト会社の起業!アイデアで勝負して売上アップ

投稿日:

個人で受け取るカタログギフトは、結婚式の引き出物だったりすることが多いですが、年間を通じてさまざまなギフト需要があるので、すでに多くの会社がカタログギフトを販売していますね。

今回は、これからカタログギフト会社を起業したいと考えている人を対象に、「カタログギフト会社の起業!アイデアで勝負して売上アップ」と題して、カタログギフトの売上増について考えてみましょう。

なお、私たち「会社設立サポーターズ」では、行政書士等が会社設立手続の代行サービスも行なっています。

既存のカタログギフト会社と競争をしていくのですから、しっかりと株式会社を設立して、本格的な会社であることを、お客様にも仕入先にもアピールしたいですね。

私たちがサポートするので、とても楽に株式会社を作ることができるのでお任せください。

さらに、今回解説するようなカタログギフト会社向けの売上を増やす仕組み作りのサポートも行ないます。

頑張って起業するのですから、廃業することがないように、成功しやすい形を1日も早く作るためにお役立てください。

カタログギフト会社の起業!アイデアで勝負して売上アップ

カタログギフトについて調べてみると、良いビジネスアイデアがあって、出資をしてもらったにも関わらず倒産してしまったカタログギフト会社がありました。

ビジネスは、アイデアが面白いということでアピールすることができても、それだけでは長続きしません。

どのような仕組みを作って、継続的に売上を増やしていくのか?

私たちは、マーケティングの視点からサポートしているので、今回もマーケティングの発想で、売れる仕組み作りについて考えてみましょう。

カタログギフト会社の起業とマーケティングプラン

カタログギフトの場合、誰がそのカタログギフトを購入することになるかを十分に検討することがお薦めです。

既存のカタログギフト会社の多くは、結婚式を迎える新郎・新婦を主な対象者としていると思いますが、全く同じターゲットで良いのか、切り口を変えるのかを検討しなければなりません。

年間のギフト需要を調査し、それぞれのギフト需要の競合状況を把握し、第一ステップとして、どのギフト需要にフォーカスした方が売上を効率的に増やしやすいということがわかれば、そのギフトを贈る人たちを具体化して、カタログギフトの内容や集客方法をプランニングしていくことになります。

また、カタログギフトの商品や制作方法ですが、これもアイデアが必要です。

面白い商品のアイデアがあったとしても、多くのカタログギフト会社に真似されることが考えられるのであれば、継続的な売上増にはなりません。

競合が参入しにくいビジネスアイデアだったり、オリジナルの商品であったりということを検討しながら、自社の特徴を際立たせるのです。

このような視点で、マーケティングプランを考えていく

自分たちだけでは十分な対応ができないかもしれない。

もしこのように思うのであれば、私たちの起業支援を受ける価値は十分にあります。

さまざまな業界の成功法則を調査・分析しているマーケティングのコンサルタントが、あなたが考えているカタログギフトの事業内容を、どのようにブラッシュアップすると、さらに売りやすくなるかをアドバイスします。

このサイトを訪れたことがラッキーだった

このように思っていただけるように、全力でサポートさせていただきます。

カタログギフト会社用のワクワクするビジネスモデル作り。

ご一緒に楽しみながら行なっていきましょう。

カタログギフト会社の起業と会社設立コース

実は、会社法が改定され、株式会社をとても作りやすくなっています。

いくらの資本金額でも、株式会社を作ることができる。

法改正前は、最低1000万円が必要だったことを思うと、本当に嬉しいことです。

このチャンスを生かして、社会的な信用が高い株式会社を作っておくことがお薦めです。

私たちの行政書士・司法書士が担当するので、あなたが面倒な手続に悩まされることは全くありません。

さらに、法人化の時に必要となる税金を4万円少なくすることもできます

これだけ節税できるのも本当に嬉しいですね。

カタログギフト会社が成功する基盤作り。

ご一緒に早く行なっていきましょう。

楽しみにしています。

-さまざまな起業形態
-,

執筆者: