起業・開業なら会社設立サポーターズ

「会社設立代行」と「売上を増やす仕組みの作り方が良く分かるマーケティング支援」で大好評 他を圧倒する1500以上のコラム数と15年以上の実績が信頼の証

会社設立とは

話題!一日も早く社長になるには

投稿日:

社長になりたい、社長になりたい

子供の頃から社長になりたいという夢を持っていたあなた。

一日も早く社長になるにはどうすれば良いと思いますか?

それは、自分で早く会社を作ってしまうことです。

大企業に入社しても、そう簡単に社長になれるはずはありません。

しかし、国が起業を促進する法改正を行なったため、

多くの人が会社の社長になりやすくなったのです。

今回は、「一日も早く社長になるには」と題して、

どのようにすれば社長になれるのかを解説しましょう。

なお、「会社設立サポーターズ」では、

あなたが会社を簡単に設立することができるようにサポートしています。

当サービスを利用して、あなたの夢を実現させてしまいましょう。

早く社長になるには

早く社長になるには、株式会社を自分で設立することです

すでに仕事をしているのであれば、名刺交換をした時に、「代表取締役社長」という肩書きの名刺をもらったことがあると思いますが、複数の取締役がいる株式会社の社長であれば、名刺に代表取締役社長と書くことができます。

社長になるために株式会社を設立するには

株式会社を設立するためには、定款に記載する社名(商号)、本店所在地、資本金額などのさまざまな項目を決める必要があります。

定款作成の細かな点については、

多くの人と同じように行政書士に依頼するのが良いでしょう。

会社設立サポーターズ」の行政書士も、

あなたの希望を十分に伺い、

その内容を反映した、定款の作成を代行することができます。

面倒な定款作成や会社の登記、

自分だけで行なうのは本当に大変だと思いませんか?

行政書士に依頼すると、

最初に確認されたことを連絡するだけで、後は会社が登記されるのを待つだけ

本当に楽ですよ

定款を作成してもらったら次の段階では、

公証人に定款の認証をしてもらわなければなりません。

その認証を受けるために、公証役場に定款を提出するのですが、

その際に紙に印刷した定款を提出してしまうと、

4万円の収入印紙を貼らなければなりません。

ところが、行政書士に依頼して電子定款を作成してもらえれば、

その4万円の収入印紙を貼る必要がないのです

この点も行政書士に依頼する大きなメリットになりますね。

最後に、公証人に定款の認証をしてもらうことができたら、

法務局に株式会社設立に必要な書類を提出すれば、

あなたの株式会社が正式に登記されることになります。

株式会社設立に必要となる代表的な書類は以下の通りです。

  • 会社設立登記申請書
  • OCR用紙(法務局の窓口で受取ることができます)
  • 代表取締役または取締役の印鑑証明書
  • 会社代表印(法人実印)の印鑑届書
  • 登録免許税納付用台紙
  • 登録免許税(株式会社の場合には収入印紙15万円)
  • 定款(公証役場で認証を受けた、謄本と記載されている定款)
  • 通帳コピー(発起設立による会社設立の場合)
  • 資本金の払い込みに関する証明書
  • 発起人会議事録(発起人会を開いた場合)
  • 取締役会議事録(取締役会を設置した場合)等

これらを揃えるのも結構大変なので、

やはり行政書士に任せたくなるのではないでしょうか。

社長になりたいあなたと会社設立サポーターズ

実は前項には書いていませんでしたが、

株式会社を設立するためには、1000万円の資本金が以前は必要でした。

ところが、これではなかなか株式会社を設立する人が増えないので、

法改正が行なわれ、1000万円の資本金を揃えなくとも、

株式会社を設立できるようになったのです。

1円の資本金でも株式会社を設立できますが、それではお客様からの入金があるまでの経費となるさまざまな費用を支払うことができなくなってしまいます。

業種によって異なる必要となる資本金額

この他にも株式会社を設立するにはさまざまな注意点があります。

決めなければならないことをきちんと決め定款に記載する。

この内容をいい加減に作ってしまうと会社登記後に修正が必要となり

改めて登録免許税を支払うことになってしまいます。

そのようなことがないように、会社設立を代行してもらう。

多くの人が行政書士に依頼している理由がこれでわかったのではないでしょうか

早く社長になるために、

そして問題を生じることなく会社をスムーズに登記するために、

会社設立サポーターズ」にお任せください。

これであなたも社長になれます。


-会社設立とは
-,

執筆者: