起業・開業なら会社設立サポーターズ

「会社設立代行」と「売上を増やす仕組みの作り方が良く分かるマーケティング支援」で大好評 他を圧倒する1500以上のコラム数と15年以上の実績が信頼の証

*

焼き鳥屋開業時に検討すべき「賢い利益の出し方」

焼き鳥を焼いている匂いに誘われて、焼き鳥屋で一杯ビールやお酒を飲む。

このような人たちが多いですが、焼き鳥屋を開業する時には、周到な開業プランを作らないと、多額の開業資金を使っても、納得できる利益を出すことができずに、「閉店しなければならなくなる」というケースが少なくありません。

これから焼き鳥屋を開業するあなたが、同じ道を辿らないためにも、これから解説する「飲食店の賢い利益の出し方」をよく理解しておくことをお薦めします。

焼き鳥屋開業時の集客商品と利益確保商品

「利益を増やすためには品数を増やさなければならない」

このように考える気持ちも良く分かるのですが、焼き鳥屋を開業して、仕事を軌道に乗せるためには、ビジネスに慣れる必要があります。

焼き鳥屋の経営にまだ慣れていないのに、最初から品数を増やすということは、自ら仕事を忙しくしていることを意味しています。

飲食店経営のさまざまな段取りやノウハウを身に付けているなら良いのですが、それらがまだ不十分な状態で、焼き鳥屋を開業する最初の段階から品数を増やすと、手間が増えて、利益を出すための仕組みを作ることができなくなってしまいます。

品数が多ければ多いほど、お客様が来てくれない時には、それらの材料を処分することになり、コスト高の焼き鳥屋になってしまいます。

これを避けるためのポイントは、「集客商品」と「利益確保商品」に絞って、あなたが開業する焼き鳥屋の強みを際立たせることです。

集客の目玉となる串焼きは、誰が見ても、魅力的な商品になっていなければなりません。

美味しいのは当たり前、「こんなに安くても大丈夫なの?」とお客様が心配になるくらいの価格設定で「集客商品」を作ると良いでしょう。

あなたのお店の特徴を際立たせる「集客商品」を作り、お店を訪れたお客様に、「利益確保商品」をたくさん注文してもらって、利益をどんどん増やすことができる仕組み。

この仕組み作りのプランニングを、焼き鳥屋を開業する前に、しっかりと行なう必要があります。

このプランニングのサポートをしているのが、私たち「会社設立サポーターズ」です。

焼き鳥屋の開業と会社設立コース

さまざまな業種の売上を増やす仕組みを作っているマーケティングのコンサルタントが、あなたの開業をサポートします。

あなたの頭の中で、まだまだ具体化されていない事業計画をご一緒に検討しながら、売上が増える焼き鳥屋の開業プランを形にしていきます。

さらに、司法書士・行政書士が、会社の設立代行も行なうので、あなたは焼き鳥屋の開業プラン作りに集中することができます。

このプラン作りが不十分だったために、廃業する会社がたくさん存在しています。

あなたの会社がそのような一社にならないために、専門家のアドバイスを受けながら、開業プランを本気で検討していくことをお薦めします。

あなたの成功

これが私たちの願いです。

 - 開業が多い業種 ,