起業・開業なら会社設立サポーターズ

「会社設立代行」と「売上を増やす仕組み作りの作り方が良く分かるマーケティング支援」で大好評 他を圧倒する1500以上のコラム数と15年以上の実績が信頼の証

開業が多い業種

ブライダルギフト・引き出物専門店の開業!受け取る人のニーズとは

投稿日:

結婚式の引き出物。

どのような品物にするか、本当に悩んでしまいます。

そのような人が多いため、カタログギフトで済ませてしまう人も多いですが、それでは新婦・新郎の感謝の気持ちが伝わりにくいのでは。

受け取る人の気持ちになって引き出物を選びたい。

今回は、このような人たちの思いを大切にしたブライダルギフト・引き出物専門店の開業を考えている人を対象に、「ブライダルギフト・引き出物専門店の開業!受け取る人のニーズとは」と題して、お店の売上を増やす方法について考えてみましょう。

なお、私たち「会社設立サポーターズ」では、行政書士等が会社設立手続の代行サービスも行なっています。

ブライダルギフト・引き出物を扱う専門店なので、お客様からの信頼を得るためにさまざまな取組をしなければなりません。

その一つの取組が、社会的な信用がある株式会社の設立です

本格的にビジネス活動をしていることを示すためにも、開業するこの機会に株式会社を設立することがお薦めです。

私たちがサポートするので、とても楽に自分の会社を持つことができますので。

さらに、今回解説するようなブライダルギフト・引き出物専門店向けの売れる仕組み作りのサポートも行ないます。

すでに競争が厳しい業界です。

自社の特徴を際立たせる事業計画の立案は不可欠です。

そのためのサポートを、あなたも受けてみたいと思いませんか?

ブライダルギフト・引き出物専門店の開業!受け取る人のニーズとは

ブライダルギフトや引き出物というと食器やグラスということが多いですね。

すでにどの家庭にも食器もグラスもたくさんあるのに、引き出物として、同じジャンルの品物を贈られても、「使う機会がほとんどない」という人が多くなってしまいます。

これでは、新郎・新婦のせっかくの気持ちが100%生かされているとは言えませんね。

このように考えると、引き出物を選ぶ新婦・新郎が、受け取る人のニーズにフォーカスして品物を選べるようにしてあげるのが、これからブライダルギフト・引き出物専門店を開業する人には必要なことではないでしょうか?

このことを、具体化していくための事業計画作り。

とても大切です。

競合店とは違うブライダルギフト・引き出物専門店の開業プラン

あなたは、競合するブライダルギフト・引き出物専門店を調査・分析しているでしょうか?

その時の調査・分析では、新郎・新婦の目線で商品選びをしてみるということも大切ですが、その一歩先の商品選びとして、受け取る人たちのことを考えた商品選びもしてみてください。

引き出物を受け取る人。

新郎・新婦の友達であれば、20代・30代の男女になることが多いでしょう。

新郎の20代の男友達が受け取って嬉しい引き出物。

新婦の30代の女友達が受け取って嬉しい引き出物。

これらは明らかに違うはずです。

新郎と新婦のセンスが光り、受け取る人たちも嬉しい引き出物は、従来からの食器やグラスとは限りません。

どちらかというと全く違うジャンルの商品でも良いはずです。

最近、雑誌などで話題になっている商品。

そのようなトレンドに敏感な引き出物でも良いはずですね。

新郎・新婦がトレンドに敏感とは限らないので、これからブライダルギフト・引き出物専門店を開業するあなたが敏感になってください。

なぜそのトレンドが話題なのか?

そこにはどのようなストーリーがあるのか?

そのストーリーが、新郎・新婦とどのように関わってくるのか?

このような思いをカードに書いて、引き出物と一緒に贈るのも良いですね。

新郎・新婦の気持ちが伝わり嬉しくなります。

引き出物を受け取る人のニーズを考え、新郎・新婦の思いやトレンドを関連付けて、引き出物を贈るためのストーリーを作り、商品選択をしていく。

このようなコンサルティング的なビジネス活動ができるブライダルギフト・引き出物専門店であれば、ぜひ注文したいと思う新郎・新婦が多いはずです。

このような視点で、あなたが開業するブライダルギフト・引き出物の事業計画を作っていく。

あなたも、私たちのサポートを受けて事業計画作りを進めてみませんか?

ワクワクする事業計画ができる楽しい機会になるはずです。

ブライダルギフト・引き出物専門店の開業と会社設立コース

最初に、社会的な信用が高い株式会社を作った方が良いとお薦めしましたが、実は、2006年に会社法が改定され、とても株式会社を作りやすくなっています。

株式会社を作るための資本金。

今はいくらだと思いますか?

実は、1円でもかまいません

あなたが好きな資本金額で、株式会社を作ることができます。

法改正前は、最低1000万円の資本金が必要でした。

これでは、いくら株式会社を作った方が良いとお薦めしても、そう簡単には作れませんね。

今、ブライダルギフト・引き出物専門店を開業するのはチャンスです。

仕事がしやすくなる株式会社を作り、前項でも解説した売れる仕組み作りのサポートも受けて、成功しやすい形を1日も早く作ってください

私たちが全力でサポートしますので、絶対に成功してくださいね。

-開業が多い業種
-,

執筆者: