起業・開業なら会社設立サポーターズ

「会社設立代行」と「売上を増やす仕組みの作り方が良く分かるマーケティング支援」で大好評 他を圧倒する1500以上のコラム数と15年以上の実績が信頼の証

開店準備を検討

飲食店独立開業時の最高の集客方法

投稿日:

これから飲食店を独立開業しようという場合に、

あなたはどの位真剣に開業前から集客方法について検討していますか?

飲食店の独立開業時というのは本当に準備しなければならないこと、

検討しなければならないことが多くて、

なかなか開業後の集客方法にまで気がまわらない

というのが正直な気持ちではないでしょうか?

しかし、多額の資金をかけなければ開業できない飲食店の場合、集客力がなければ、もし融資を受けているのなら最初から返済計画がくるってしまうことがあります

それでは、あなたの信用ががた落ちです。

そのようにならないために、集客方法の支援も行なっている「会社設立サポーターズ」で、会社設立手続きの代行や飲食店の営業許可申請の代行を受けてみたいと思いませんか?

今回は、「飲食店独立開業時の最高の集客方法」というテーマで、

どのような集客方法の組合せが望まれるのかを解説しましょう。

飲食店独立開業時の最高の集客方法

競争が厳しい飲食店業界では、他の飲食店と同じ集客方法を行なっていたのでは、十分な成果が生まれないことが少なくありません。

一般的には、飲食店の開業時に店舗前でチラシを配ったり、商圏内の地域に新聞折込チラシを配布したり、その地域をカバーしているフリーペーパーに広告を出稿したりということが多いのですが、それだけでは不十分です

インターネットの活用で飲食店の独立開業時の来店者数を増やす

あなたが飲食店を開店する地域を対象にしている地域情報発信サイトがないでしょうか?

そのような地域サイトに登録したり、広告を出稿したりということで、

あなたが開業する飲食店の認知度を高めることができます。

もし、その地域の情報サイトがメールマガジンを発行しているようであれば、そのメールマガジン広告を利用するのも一つの方法です。

読者数を確認して、どの位の来店者数を期待することができるかをシミュレーションしてみましょう。

飲食店の独立開業後の検索エンジン最適化(SEO)とPPC広告

即効性のある広告としては、検索エンジンが提供しているスポンサー広告である「アドワーズ」や「スパンサードサーチ」という広告も効果的です。

これらの広告は、英語でPay Per Click(PPC)といわれ

ネットユーザーがクリックした時だけ広告料を支払う成果報酬型の広告です。

クリックがなければ、あなたの飲食店の広告が何度表示されたとしても広告料を支払う必要はありません。

また、広告料をできるだけ節約したいというのであれば、

即効性はないけれども

長期的な視点で検索エンジン最適化(SEO)を考慮した

ホームページ運営も視野に入れておくと良いでしょう。

あなたが経営する飲食店のサイトを訪れるネットユーザーがジワジワと増え、その人たちがしっかりと来店してくれるように仕組みを作ることができれば、広告料を支払わなくとも着実に来店者数が増えてきます。

リポーター促進にも役立つインターネットの活用法

インターネットの活用は、新客を増やすためだけに限定する必要はありません。

リポーターのお客様を増やすためにも、インターネットを活用することができるのです

たとえば、携帯サイトを作り、携帯メールマガジンを作ります。

お店で食事をしている人にその場で登録してもらえるような仕掛けを行ない、読者を増やすことができれば、予約数が少ない時などに、お客様が増えるようにさまざまな施策を実施することが可能になりますよ。

飲食店の独立開業時の集客支援がある会社設立サポーターズ

これまで解説してきたような集客方法に関しては、「会社設立サポーターズ」のネットマーケティングのコンサルタントがアドバイスをすることができます

会社設立コースに申し込むだけで、インターネット活用法に関するアドバイスをしてもらえることが出来ると嬉しくありませんか?

インターネットの活用がうまくなると、

飲食店の場合、すぐに何十万円もの売上増に直結することが少なくありません

あなたもネット活用がうまい飲食店を開業したいと思いませんか?

もしうまくなりたいと思うのなら、ぜひ私たちのサービスにお申し込みください。

頑張ってサポートさせていただきますので。

それでは、今後ともよろしくお願いいたします。

-開店準備を検討
-,

執筆者: