起業・開業なら会社設立サポーターズ

「会社設立代行」と「売上を増やす仕組みの作り方が良く分かるマーケティング支援」で大好評 他を圧倒する1500以上のコラム数と15年以上の実績が信頼の証

*

神奈川県の起業家向けベンチャー支援内容とは

熱い思いでベンチャー企業を立ち上げようという人たちを支援しているのが、「会社設立サポーターズ」です。

どのような将来展望で、ベンチャー企業を立ち上げるのかを伺い、行政書士・司法書士・マーケティングのコンサルタントがベンチャー支援をします

あなたでしたら、ベンチャー向けのどのような支援を受けてみたいと思いますか?

今回は特に、「神奈川県の起業家向けベンチャー支援内容とは」と題して、神奈川県でベンチャー企業を設立する人を対象に、支援内容を解説したいと思います。

神奈川県の起業家向けベンチャー支援内容とは

私たちは普段、首都圏を中心にビジネス活動をしています。

そのため、神奈川県でベンチャー企業を立ち上げるのであれば、

直接打合せをしながら今後の対応をご相談することができます。

神奈川県のベンチャー支援内容1: 会社設立手続きの代行

行政書士・司法書士が、ベンチャー企業の会社設立手続きの代行を行なっています。

将来株式の上場をめざしたり、バイアウトをめざしたりということであれば、株式会社の設立を考えていると思いますが、株式会社の設立手続きについて、あなたは詳しいでしょうか?

ベンチャー企業の場合、将来のことを考慮した定款の作成はとても重要です。

行政書士と将来の方向性を十分に打ち合わせて、定款の内容を作成した方が良いですよ。

定款の作成が不十分だと、意外に将来ベンチャー企業の経営がしにくくなることがあるので注意をしてください

株式会社の設立は、会社法の改正が2006年5月に行なわれ、今では多額の資本金は必要ありません

ただし、適正な資本金額というのもあるので、あなたが関わる業種などを考慮して、行政書士等と十分に相談することがお薦めです。

電子定款の作成を行なったり、司法書士が法務局にオンライン申請で会社登記の代行を行なったりという方法によって、会社を設立する時に、あなたが支払わなければならない税金をできるだけ安くする方法に対応しています。

合計で、45,000円は税金を節約することができるのでお得ですよ

神奈川県のベンチャー支援内容2: 他企業との契約書に対応

ベンチャー企業を立ち上げると、お客様の会社や販売パートナー企業などと契約書を交わさなければならない案件が増えます。

その時に、気軽に相談できる行政書士が身近にいると何かと安心ですよ。

オフィスを借りるにしても、店舗を借りるにしても、契約書チャックを専門家にしてもらう。

こういう日ごろからの習慣が、経営リスクを最小限にするポイントです。

あなたも気軽に相談できる行政書士とのネットワークが重要だと思いませんか?

神奈川県のベンチャー支援内容3: マーケティング支援で売れる仕組みを構築

あなたの会社が、どのような仕組みで売上を増やしていくのか?

これをどんどんマニュアル化できるようになると、業務が効率化し、若手の社員に権限を委譲して、経営者が行なうべき仕事を区別することができるようになります。

自然と売れていく仕組み作りのために、マーケティングのコンサルタントと相談しながら、ベンチャー企業の仕組みを作り上げていきたいと思いませんか?

神奈川県のベンチャー支援内容4: 集客がベンチャー企業存続の鍵

ベンチャー企業が、2年、3年と続けてビジネス活動をできるようにするためには、どのような方法で集客し、お客様を増やししていくのかというプランニングが欠かせません。

起業後に、これらの集客方法を検討すれば良いと思いがちですが、それでは遅すぎます

起業前の事業計画書作成時点からさまざまなタイプの集客方法を検討し、売上予測や経費予測と連動させて、実現性の高い事業計画書と集客プランを作り上げたいものですね。

あなたは、どのような集客方法が頭に浮かぶでしょうか?

「会社設立サポーターズ」のコンサルタントは、インターネット広告や検索エンジン最適化(SEO)に関してもアドバイスをすることができます

ネット広告やサイトのアクセス解析を利用すると、リアルタイムに効果測定がしやすいので、これらのデータの分析や改善策の検討は、とても重要な業務になります。

どのような方法で分析すれば良いのか?

どのような改善策を考えれば良いのか?

私たちのコンサルタントに相談したいと思いませんか?

私たちの独自サービスについても、ぜひこの機会にご覧くださいね。

神奈川県でベンチャー企業を設立するあなたを、全面的にバックアップしますので、今後ともよろしくお願いいたします。

 - 開業が多い業種 ,